2010-04-01 出来事

事の発端・・・・「 CentOS5.4 で システムの更新実行 」

VMwareServer 2.0.0 を利用してたんですが
kernel( カーネル) のバージョンが上がるので
/usr/bin/vmware-config.pl  ( VmwareServerの再構築 ) を
すれば 「 いいだろう ・・・ 」 と思ってましたが
完全に 「 どぼん しました 」

現象 「 VMwareRemoteConsole がエラーで 正常に 動かない 」

色々試行錯誤を繰り返し

 

判った事 「 glibc のバージョンが 2.5.42 にアップデートされこれが原因 と判明 」

FireFoxを 別のバージョンにして アドオン入れ替えたり

何度か VmwareServer 2.0.0      2.0.1    2.0.2 にしたり色々しましたが
結論は glibc2.5.42  を 2.5.34  に変更して やっと とりあえず 正常復帰しました。

****************   作業手順の記録 **************************************

  1. 仮想マシーンをコピーします。
    /var/lib/vmware/Virtual Machines  をごそっと コピー
  2. 自分のカーネルのバージョンを確認 PCの起動の際に 確認出来ますが
    コンソールを開いて uname -r  で確認 私のCentOs5.4 のバージョンを
    確認します。
  3. 次に kernel-headers がインストールされているか確認します。
    上記のバージョンと同じものをインストールされていなければ
    インストールしておきます
  4. http://vault.centos.org/5.3/updates/x86_64/RPMS/
    この URL より
    glibc-2.5-34.el5_3.1.i686.rpm
    glibc-2.5-34.el5_3.1.x86_64.rpm
    glibc-common-2.5-34.el5_3.1.x86_64.rpm
    glibc-devel-2.5-34.el5_3.1.i386.rpm
    glibc-devel-2.5-34.el5_3.1.x86_64.rpm
    glibc-headers-2.5-34.el5_3.1.x86_64.rpm
    nscd-2.5-34.el5_3.1.x86_64.rpmを 任意のローカルフォルダーにダウンロード
  5. rpm -Uvh --oldpackage *.rpm でまとめて バージョンを下げます
  6. VmwareServer を一度 rmp -e VMware-server で一度アンインストール
  7. 念のため FireFoxのアドオンから VmwareRemoteConsleを削除
  8. もう一度 rpm -ivh vmware<ダウンロードした rpm >  を実行
  9. /usr/bin/vmware-config.pl  を実行して 再構築します。
  10. 何故か https が上手くログインしないので http://localhost:8222 で
    ログインし FireFoxの VMwareRemoteConsole のアドインをインストールして
    何とか WEBサーバーが復帰しました。

 

原因判るまで かなり ヘビーな時間を過ごしてしまいましたねぇ・・・・
VMwareServer2.0X は無償ですので あまり文句 言えないしね。

サーバーって安定したら あまり アップデートしちゃだめです ( 教訓 )

CentOS5.4  VMwareServer2.0 VMwareRemoteConsoleの不具合

白崎一哉

 

 

 

 

著作

このページは個人のページです。記載の記事および内容については一切保障いたしません。2008/12/31 白崎

 -- login --

ゲスト 75人 と メンバー0人 がオンラインです