SSHについて、少し書いてみます。

Fedora8 に関する SSHの検索-- クリック --

インターネットってやっぱり便利で 今更私があーでもない
こーでもない なんて 書かなくても 十分な 情報が存在してますので
そこは お任せします。

ここでは ちょっと 方向性を変えて

≪どういう時に使う!≫

案外設定方法の解説ページは多いけど、どういう時に使うってのが少ないかもしれません。

基本的には Linuxをリモート(遠隔)出きるので何でもありですが。

前提としては、Linuxをコマンドで利用出来る人限定になりますでしょう・・・・
つまり 一般向きではないです。

たとえば

自宅でwwwでapacheで公開してるとしましょう。
あるひ、ハッカーにやられた!! 発見 ピーピー

こんな時は SSHで 手元の Widnowsから SSHクライアントを立ち上げ
Apacheのサービスを停止したり出来ます。

後は、FTPでページをアップして、パーミッション(ファイル権限)を変更する場合
chmod -R などで 指定フォルダー以下を ばさって 変更するなど出来ます。

て書くと、 自宅サーバー化計画など 関係ないや って人は 手をだしてもしょうがない

ただ、Linux 1台( fedora  でも Ubuntu でも Pupy でも) コマンド端末で
リモートするのは 一度は経験すると 良いかも

設定ですが、標準の設定でも 適当な WindowsのSSHクライアントから
リモート(遠隔)出来ます。(本当にこれでいいのかなぁ とは思いますが )

私のおすすめは Putty です。

※ いいページあるんですが、直接リンクは何となく引けますので 検索でヒットさせてね

 

著作

このページは個人のページです。記載の記事および内容については一切保障いたしません。2008/12/31 白崎

 -- login --

ゲスト 121人 と メンバー0人 がオンラインです