ゴールは 「 出来るだけ レスポンスが良く joomla ! の環境構築 」

いろいろ 試行錯誤したんですが 最後は XAMPP を入れました。

 

試行

  1. VMware で CentOS6.7 を最小インストールで テキストモードでインストール
  2. yum で httpd php mysql  を導入 ( PHP 5.3 かぁ これって お名前のVPSとバージョン違うな ) そこで どうするか検討
  3. Remi を追加してもいいのだが、なんとなく ソースファイルからコンパイルすることを考える
  4. Apache PHP など 試行錯誤しながら ソースファイルからコンパイルしたけど 同じ事するのが とても大変
  5. はたと!ひらめいた XAMPP 使ってしまえ

CentOS6.7 (お名前と同じバージョンで)

  1. ミニマムのISOをダウンロードし VMで設定後 普通にインストール
  2. Eth0の設定を Vi で 設定
  3. SSH接続確認 おけー! WINSCP の接続確認
  4. XAMPPのサイトから Linux 用の run ファイルをダウンロード --  Google --   この辺りを参考に
  5. ダウンロードした run ファイルを WinSCP で /usr/local/src  に アップロード  Trea Term (SSH)からパーミッションを 775 に変更して /opt/xampp  に 導入 ./<アップロードロードしたファイル>
  6. /opt/xampp  のファイル構造を確認して Apache の Docroot  を確認
  7. PhpMyAdmin  で MySQL で ユーザとテーブルを作成
  8. Joomla!を インストール 

iptables やSeLinux 等の設定は割愛しました。

ミニマムで インストールすると 80ポートが 空いてないし SELinuxもそのままだと 上手くいかないです

割り切って リポジトリー からの XAMPP 辞めて XAMPPを ちゃんと 導入しました

 ******************************************************************************

PHP5.5のソースビルドは --  クリック --   を参考にしましたが、 きちんと 内容把握しないと エラーばっかりで「いらっと!」 ちゃんと ./configure  の パラメータを理解して make  maike test   maike install するようにでも結構時間かるので 「 サーバー構築目的じゃないので さくっと」

 

著作

このページは個人のページです。記載の記事および内容については一切保障いたしません。2008/12/31 白崎

 -- login --

ゲスト 40人 と メンバー0人 がオンラインです