1. DynDns で転送の用のドメインを取得しました。
  2. 自宅のルーターで特定のIPのPCを外部公開にしてDynDNS側にプロバイダーで割り当たってる動的なグローバルIPアドレスをDynDNSに登録して名前解決しました。dremi.webhop.netです
  3. CentOS5.3からLinuxを導入開始し、最後はSSHとFTPでほぼ外部のホスティング感覚でApache+PHP+MySQLでJoomla!等のコンテンツマネージメントシステムを構築しました。
  4. 次に64ビットCPUと8Gのメモリーの有効利用でCentOS5.4 64ビット環境でVmwareServerを利用して、WEBサーバーとして公開しました。
  5. DNSとメールサーバーの構築もやりました。
  6. 最後の課題は、バーチャルで他のソフトがフリーズするとwebサーバーも再起動、電源管理は家庭用ですから「夏エアコンいれて同時に電子レンジでダウン」
  7. 電気代もばかにならないし、最近お歳のせいか「老眼が・・・・」そんな訳で、自宅web公開 そろそろ幕引き 「お名前.com vps に切り替えます」

 

逆に言いますと、通常ホスティングでは出来なかった事が、「お名前.COM の VSP等低価格できちんとメンテナンスありで WEBサーバーを運用できちゃんとグルーバルIPもらえて、サブドメインも使える。

「自宅でサーバー用意する意味が見つからなくなりました」

 

著作

このページは個人のページです。記載の記事および内容については一切保障いたしません。2008/12/31 白崎

 -- login --

ゲスト 86人 と メンバー0人 がオンラインです