内容的には ずらずら記録として転機しますが(さすがに資格要綱の引用は著作権は関連しないだろう )

お客様のソフトの利用環境を分析し、どんなソフトがあれば良いか要件を特定し、選択の際マイクロソフトのどんな商品とそんなライセンスを選択して、契約のお手伝いをする。 かなり 営業さんを意識したまぁいうならば 「営業力」です。

私も一部仕事として 2,000名の会社の マイクロソフトの管理してるので、良い勉強と思い 「基本マイクロソフトのサイトから情報を収集し、このカテゴリーはその個人の記録です」

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 試験内容
 
次の一覧は、本試験の内容を示しています。表のパーセンテージは、特定のスキルを必要とする各セクションが本試験で占める割合を示しています。
 
顧客の環境の分析 (20%)

顧客の製品および製品機能の要件の特定 (34%)

ライセンス ソリューション オプションの提案 (34%)

契約時および販売後の顧客サービスの提供 (12%)
 
 
 
■ 試験準備用ツールおよびリソース

マイクロソフトは、コースや Microsoft Web サイトなど、多彩な試験準備用ツールおよびリソースを提供しています。この試験の準備には、次のリソースを利用することをお勧めします。
 
Microsoft オンライン リソース

Training and Certification News: このニュースメールではマイクロソフト認定資格、及びトレーニングに関するキャンペーン情報や、イベント、製品情報、学習に役立つ書籍などの情報を 1 か月ごとに提供します。皆さまのスキルアップに有効な情報を効率よく収集していただけます。
 
■ 評価スキル
 
この試験を受ける前に、次の表に記載されているスキルを習得している必要があります。
試験 70-672 で評価されるスキル
 
 

顧客の環境の分析

顧客の購入プロセスを評価する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。一元購入、分散購入、またはこれらのタイプの組み合わせ。企業レベルの購入、部門レベルの購入、部署レベルの購入、またはこれらのタイプの組み合わせ。系列会社、フランチャイズ、子会社のような組織構造。トランザクション型の購入、リレーションシップ ベースの購入、またはこれらのタイプの組み合わせ。
顧客の予測される成長を分析する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。短期的なニーズか長期的なニーズか。周期的なパターン。
ハードウェア更新サイクルを評価する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。ハードウェア更新の頻度。ハードウェア更新のスケジュール。
顧客のソフトウェア環境を決定する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。現在のソフトウェア。ソフトウェア導入プランおよび戦略。現在のマイクロソフト ライセンス契約。
顧客の地理的範囲を分析する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。多国籍か単一国籍か。同一国内または地域内で単一拠点か複数拠点か。単一言語か複数言語か。
顧客の予算要件および支払い方法を特定する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。割賦払いまたは前払い。割賦払い方法の選択。予算認証プロセス。
 

顧客の製品および製品機能の要件の特定

現在と推奨のテクノロジ ソリューションの格差を評価する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。顧客の短期的および長期的なテクノロジ ビジョン。顧客の必要な機能を備えるソリューションの特定。
顧客の推奨テクノロジ ソリューションのために必要な製品を決定する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。特徴と機能。依存性。エディション/バージョン。サブスクリプション サービス。
該当する製品ライセンスの権利を特定し、顧客に説明する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。製品使用権 (PUR) ガイド。製品リスト。OEM (Original Equipment Manufacturer) 製品とフル パッケージ製品 (FPP) に関するソフトウェア ライセンス条項。
顧客のニーズを満たすソフトウェア アシュアランス (SA) 特典を特定する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。選択可能な SA 特典の特定。各 SA 特典が顧客のニーズにどのように適合するかの説明。
 

ライセンス ソリューション オプションの提案

該当するライセンス プログラムを特定する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。Select、Select Plus、EA、EA サブスクリプション、Service Provider License Agreement (SPLA)、ISV Royalty、Campus and School Agreements。Open プログラムへの乗り換え。
推奨ライセンス ソリューションの費用便益を明確に提示する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。製品標準化の費用便益。短期的および長期的な投資利益率。プログラム間での費用対効果の比較。
推奨ライセンス ソリューションの特典と制限を明確に提示する。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。OEM 版ボリューム ライセンスかパッケージ製品ボリューム ライセンスか。ライセンス再割り当てかライセンス譲渡か。ダウングレード権。インストール権。SA に関する一般規則。
 

契約時および販売後の顧客サービスの提供

ボリューム ライセンスのライセンス認証をサポートする。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。ボリューム ライセンス キー、マルチ ライセンス認証キー、キー マネージメント サービス。
メディアの発送をサポートする。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。ソフトウェアのダウンロード、物理メディアの入手。
SA 特典のライセンス認証をサポートする。
このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。トレーニング バウチャー チケット、自宅使用プログラム (HUP)、24 時間サポート。
 

著作

このページは個人のページです。記載の記事および内容については一切保障いたしません。2008/12/31 白崎

 -- login --

ゲスト 44人 と メンバー0人 がオンラインです